April 19, 2018

インターネット全盛時代におけるばんえい競馬情報について考える

ばんえい競馬でよく言われるのが「ナマで観る迫力」「是非とも現地で観てもらいたい」という言葉。ただ、個人的にはこの言葉には若干承服し難い部分もあるよなあと考えておりまして。


「ばんえい競馬はネットや場外で観てもすっごい面白いんです!」


と言いたいわけです。

私自身、現在は偶然帯広在住なわけですが。ばんえい競馬を観てきた二十数年のほとんどは競馬場から離れた場所で暮らしておりましたし、今後も遠からずうちに帯広から離れて暮らすことになります。まあ、そもそも今でも週末は家事都合で帯広に居ないことも多いのですが(汗)

まあそんな状況なので、レースを競馬場でリアルタイムで観れる機会も少ないのですが。今の世の中インターネット時代。PCどころか掌中のスマートフォンでリアルタイムでも後からでもレースを観ることが出来ますし勝馬投票券の購入もできる。本当に便利な世の中になりました。実際、ばんえい十勝の売上に占めるネット投票の割合は毎年右肩上がり。全国にばんえいファンがどんどん増えているようで、本当にありがたい限りです。

そして世の中はSNS全盛。ばん馬のいる風景さんも書かれておりますが、ネット上に流れるばんえいに関する情報・事物がここ1,2年でどんどん増えておりまして。ネット上で情報を集めることが多い一ファンの私としましても非常にありがたいことであります。
そうはいっても、これは「世界で唯一」のばんえい競馬の弱点でもあるのですが。情報の「絶対量」「広範さ」はサラブレッドの競馬には及ばなくて。「これが分かるとうれしいなー」という情報が意外と無かったりしまして、ちょっと不便を感じちゃいます。

ばんえい競馬の情報周りだと「初心者向けのコンテンツ」はそれなりにあるんだけど。「そこからもう一歩踏み込むためのコンテンツ」が意外と弱いなあ、というのはだいぶ前から感じておりました
拙サイトが「ばんえい競馬にはじめの一歩を踏み出した人が二歩目を踏み出す為の手助け」となればと思いながらやっておりましたが。最近のアクセスログを見ると、拙サイトで見られているページのかなり上位にウンカイの紹介ページがあったりするわけで。オレノココロやセンゴクエースを知ったファンがその父ウンカイの事を知るために拙サイトを訪れていただけたのかなあ、と思うと非常にうれしくなっちゃいます。
インターネットでばんえいに触れた新しいファンがインターネットを使って知識を得て更にディープなファンになる。現地に行くのはなかなか難しくても、インターネットでどんどん学んでばんえい競馬通になっちゃう。「ばんえいロス」を感じたらいろいろと調べたり自分でデータをまとめちゃえばいいじゃない。「世界で唯一」のばんえい競馬ですから、そうやって活動した成果は「世界初の成果」になるんです。みんなで「世界的権威」になっちゃおうぜ(笑)

「インターネットでばんえい競馬を楽しもう」。拙サイトがその一助となれたとしたら非常にうれいしいです。20世紀の面影を残す加齢臭が漂う殺風景なWebサイトですが、今後もご愛顧いただければ幸甚でございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2018

種雄馬成績(2017年度最終成績)

種雄馬成績(2017年度最終成績)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ117116962,436,000
2ニシキダイジン106513924,241,500
3カネサブラック70310117,182,000
4カネサテンリュウ5595910,030,000
5ナリタビッグマン213247,947,000
6ナリタボブサップ421447,392,000
7ニュートリノ411447,206,000
8ハマナカキング327446,998,000
9トウリュウ518436,342,000
10ダイエイヒーロー34126,333,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1カネサブラック4506411,938,000
2ニシキダイジン4635510,180,000
3カネサテンリュウ230285,146,000
4ナリタボブサップ305224,225,000
5ウンカイ66103,808,000
6フナノコーネル143303,638,000
7ハマナカキング144203,587,000
8ソウヤセンプー69103,292,000
9キタノドリーマー119172,560,000
10トカチタカラ9081,756,000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2018

50回目のばんえい記念を終えて、日本輓系種の未来を考える

3月25日、第50回ばんえい記念が行われました。レース結果はオレノココロが連覇達成。5着までの着差が7秒以内という接戦でしたが、オレノココロの走りは着差以上の強さを感じさせる内容。その強さに感服した次第です。
そして大変悲しいことではありますが。ニュータカラコマがレース途中で倒れ、そのまま二度と立ち上がることはありませんでした。堂々とした馬体に堅実なレースぶり。競走馬としてもそうですが、個人的には将来の繁殖馬として非常に期待していただけに、本当に残念でなりません。謹んで哀悼の意を表します。

さて。50回目のばんえい記念が行われたということで、ちょっとばん馬(日本輓系種)のこれまでとこれからについて考えを巡らせておりました。
日本における重輓馬の改良は明治時代から本格的に行われてきました。戦前は軍用馬としての需要がありましたし、第二次大戦後は主に輸送用や農林業等の労働力として、日本の産業を支える原動力となってきたわけですし、その用途に合わせた品種改良が進められてきました。モータリゼーションの発達によって次第に労働力としての役割は失われ、現在は専らばんえい競馬の競走馬として生産されております。そして、より活躍できる馬が産まれるようにと、生産者は研鑽と努力を重ねているわけです。
50年前を見返すと。農用馬の生産においてはサラブレッドのように「競走馬として顕著な成績を残した馬が種牡馬となる」ことは稀で、種牡馬は種牡馬となるべく育てられ(輸入され)た馬が種牡馬となっておりました。それが昭和末期には競走馬から種牡馬になる馬の数が増加、現在では競走馬としてデビューする馬のほとんどの父親は競走経歴を持つ馬となっています。サラブレッドが「より速くて強い馬」を生産するために選別と交配を繰り返しているのと同様、ばん馬は「より力持ちで強い馬」を生産するために選別と交配を繰り返しているわけです。
サラブレッドは世界中で生産されており競馬も世界中で行われておりますが。対してばん馬の場合は世界で唯一、帯広競馬場でのみレースが行われ、そこで強い馬の選別が行われていることになります。
もちろん、重種馬は日本以外の世界各地にもいろんな品種がおりますが、彼らの主な仕事は馬車を曳くことだったりショーホースだったりで、必ずしも「(ソリや丸太のような)重量物を曳くこと」に適しているとは限りません。ばん馬(日本輓系種)は「重量物を曳くことに特化して品種改良された『世界で一番力持ち』の馬である」といえるでしょうし、その品種改良のために優秀な馬を選別するための世界唯一の場所が帯広競馬場であるわけです。『世界で一番力持ち』日本輓系種の品種を改良し、より強い馬を次世代に残すためには、帯広競馬場でのレースは必須となります。

長年に渡る生産者の努力の結果、日本のばん馬は進化を続けてきました。30年前(S63)の農林水産大臣賞典の出走馬の馬体重を見ますと、一番重い馬はタカラフジの1059Kg。出走馬(7頭)の平均体重は1031Kgでした。先日の第50回ばんえい記念のメンバーでいえば最軽量でもコウシュハウンカイの1082Kg、出走馬(8頭)の平均体重は1115Kgですから、かなり大型化しているのが見て取れます。
先日のレースではコウシュハウンカイが第2障害を一腰でクリアしました。第2障害で1トンを一腰で上げたのはナリタボブサップ(H22)が史上初だと言われており、コウシュハウンカイが史上2頭目のはずです。ただしかし、これからの品種改良によりどんどん強い馬がばんえい記念に登場してきて、1トンを一腰で上げる馬がどんどん増えていくことでしょうし、個人的にはそうなってもらいたい。
確かにばんえい重量1000Kgは大変な重荷ではありますが、その荷物をどんどん容易く運べる馬が出てきて欲しい。ばん馬を生産する生産者さんたちの努力と研鑽によって「より力持ちで強い馬」がどんどん産まれ、次世代、次世代と血を受け継がれることによって更に強い馬が現れる。非常にワクワクする未来であります。

また、現在では日本輓系種の活躍場所は帯広競馬場がほぼ全てという状況ではありますが。これだって未来永劫変わらないというわけではないでしょう。
今、ばんえいの元競走馬を林業(馬搬)で再活用しようという動きがあちこちで起こっています。馬は重機の入れない急斜面でも作業できますし、林道を整備する必要が少ない(環境への負荷が少ない)ので。例えば自然公園の風倒木処理とかでも馬が活躍できるのかなあと思います。もちろん林業以外でも、馬車のような観光等の用途やセラピーホース(ばん馬なら大柄な大人でも乗れますし親子での2人乗りも可能)でも活躍できるでしょう。トラクター等の普及でその活動の場を追われた田畑でだって、原油価格の高騰や有機農法の広がり(馬はたい肥も作ってくれます)といった要因で、次第に復権することだってあり得ない話ではありません。
当然草ばん馬だって立派な活躍の場。今は北海道と東北の一部で行われているだけですが、農用馬は九州にもたくさんいます。全国ではん馬大会が盛んになれば、そのうち帯広競馬場以外の場所でも公営競技が行われることだって……。

そして、馬の使役についていえば。一人の「馬好き」としては、日本のみならず世界中で重種馬が働く場所や機会がどんどん増えていくとうれしい。かつて貴重な労働のパートナーだった馬たち。モータリゼーションの発展で一旦終えたその役割が、またいつか復活したりしないだろうか? 世界のどこかで「より力持ちの馬」が求められるようになった時、日本のばん馬の血がそこに役立つことはないだろうか?
かつて日本は日本の馬を「より力持ち」にするために、イレネーを筆頭に多くの種牡馬や繁殖牝馬を輸入して品種の改良を図ってきました。今では世界一力持ちの馬となった日本輓系種が、世界各地の馬たちを「より力持ち」にするために、世界中にその血を広げていく。そんな未来があってもいいんじゃないか?

まあ、後半は夢物語のような妄想ではありますが(苦笑)
第100回ばんえい記念が行われる50年後。ばんえい競馬や日本輓系種という存在がどうなっているんだろうか? ばんえい競馬と日本輓系種に心底惚れ込んで長年やってきた私としては、少しでも明るい未来が広がっていることを期待したい。
そして、ただ期待するだけじゃなくて、私自分としても何か出来ることがあるとしたら積極的に関わっていきたい。微力ではあるだろうけど全力を尽くしたい。そんな思いを新たにしたところでございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2018

種雄馬成績(2018年1月29日終了時点)

種雄馬成績(2018年1月29日終了時点)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ98713539,416,000
2ニシキダイジン89712220,722,500
3カネサブラック5878112,999,000
4カネサテンリュウ482528,293,000
5ナリタビッグマン178217,070,000
6ナリタボブサップ358366,108,000
7ニュートリノ342365,743,000
8トウリュウ451395,711,000
9キタノイチオク280395,325,000
10ハマナカキング280355,166,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1カネサブラック372549,011,000
2ニシキダイジン392478,155,000
3カネサテンリュウ196233,851,000
4ナリタボブサップ261173,360,000
5ソウヤセンプー61103,071,000
6フナノコーネル120162,933,000
7ハマナカキング121172,775,000
8キタノドリーマー99162,297,000
9ウンカイ5682,284,000
10トウリュウ139111,574,000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2017

種雄馬成績(2017年12月4日終了時点)

種雄馬成績(2017年12月4日終了時点)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ77110428,766,000
2ニシキダイジン6909915,214,500
3カネサブラック437639,676,000
4カネサテンリュウ377436,691,000
5ナリタビッグマン137196,534,000
6ナリタボブサップ273305,000,000
7トウリュウ356304,338,000
8ハマナカキング226294,182,000
9アサヒセンショウ195234,180,000
10ニュートリノ262253,934,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1カネサブラック273446,981,000
2ニシキダイジン291376,155,000
3カネサテンリュウ148162,717,000
4ナリタボブサップ197142,630,000
5ウンカイ4382,187,000
6ハマナカキング91132,106,000
7フナノコーネル90112,020,000
8キタノドリーマー75141,973,000
9ソウヤセンプー5091,793,000
10トウリュウ11191,303,000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2017

種雄馬成績(2017年9月25日終了時点)

種雄馬成績(2017年9月25日終了時点)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ5316517,457,000
2ニシキダイジン4726710,489,500
3カネサブラック285476,789,000
4ナリタビッグマン97155,513,000
5カネサテンリュウ259274,318,000
6ナリタボブサップ186223,279,000
7トウリュウ247223,087,000
8ダイエイヒーロー1563,068,000
9アサヒセンショウ134163,046,000
10サンデーブライアン188202,974,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1カネサブラック175324,763,000
2ニシキダイジン195244,173,000
3カネサテンリュウ95101,712,000
4ナリタボブサップ13281,708,000
5キタノドリーマー51111,460,000
6ハマナカキング6291,446,000
7フナノコーネル6171,332,000
8ウンカイ3161,023,000
9ソウヤセンプー3561,003,000
10トウリュウ766877,000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2017

種雄馬成績(2017年7月3日終了時点)

種雄馬成績(2017年7月3日終了時点)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ257338,237,000
2ニシキダイジン257284,518,000
3カネサブラック118182,624,000
4カネサテンリュウ112121,932,000
5ハマナカキング82151,903,000
6スミヨシセンショー80101,595,000
7タケノタイトル62111,561,000
8タカダヤジェット66101,488,000
9サンデーブライアン98101,451,000
10ナリタボブサップ7491,415,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ニシキダイジン8191,865,000
2カネサブラック64111,710,000
3ハマナカキング277960,000
4ナリタボブサップ514804,000
5カネサテンリュウ334726,000
6フナノコーネル264693,000
7キタノドリーマー215640,000
8ソウヤセンプー173481,000
9アサヒセンショウ183447,000
10キングファラオ63431,000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2017

種雄馬成績(2016年度最終成績)

種雄馬成績(2016年度最終成績)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ159521160,755,000
2ニシキダイジン6097913,328,000
3キタノイチオク3576010,661,000
4ナリタビッグマン178289,906,000
5スミヨシセンショー427578,058,000
6カネサテンリュウ474578,023,000
7サンデーブライアン451447,212,000
8アキバオーショウ252367,194,000
9トウリュウ441435,861,000
10カネサブラック207315,509,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ニシキダイジン431539,736,000
2ウンカイ243425,792,000
3カネサブラック207315,509,000
4マックスセンプー69184,954,000
5キタノイチオク128193,986,000
6カネサテンリュウ204213,371,000
7トウリュウ230202,989,000
8ナリタボブサップ179192,897,000
9キングシャープ101152,464,000
10ハマナカキング148182,322,000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2017

イレネー記念出走馬にイレネーの子孫はどれぐらいいるの?

過日行われました第48回イレネー記念。1910年にフランスより導入されたペルシュロン種の種牡馬「イレネー号」がレース名の由来となっております。多くの種牡馬を輩出し、十勝のみならず日本における農用馬の改良に多大な功績を残した「ばん馬の父」。
では、今年のイレネー記念の出走馬で実際にイレネーの血が入っている馬がどれぐらいいるのか? ちょっと調べてみました。

○イレネーの血が入っていると断言できる

ホクショウムゲン
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200020
ジェイワン
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200654
ウンカイタイショウ
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200444
ミノルシャープ
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200325
ナカゼンガキタ
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200372

○イレネーの血が入っていると断言できない
ゴールドインパクト
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200395
センショウニシキ
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200989
カネサスペシャル
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%201051
ゴールデンフウジン
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%201052
キタノミサキ
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200807

リンク先は全て家畜改良データバンク(日本馬事協会)ですが、古い馬の血統はデータがほとんど存在しないため、上記の調査結果は当方の独自調査に基づく部分が多々あります。
「断言できない」という曖昧な表現しかできないのは、祖先馬の血統をイレネーが活躍した時代まで遡れなかったということです。悪しからずご了承ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 28, 2017

種雄馬成績(2016年12月29日終了時点)

種雄馬成績(2016年12月29日終了時点)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ114314532,189,000
2ニシキダイジン4346010,134,000
3カネサテンリュウ355526,956,000
4ナリタビッグマン122206,921,000
5キタノイチオク253436,664,000
6スミヨシセンショー310466,015,000
7サンデーブライアン335345,803,000
8アキバオーショウ187285,332,000
9カネサブラック145233,831,000
10トウリュウ321283,648,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ニシキダイジン307457,825,000
2ウンカイ174303,847,000
3カネサブラック143233,687,000
4カネサテンリュウ157182,742,000
5ナリタボブサップ140142,115,000
6トウリュウ170152,105,000
7キタノイチオク86151,976,000
8マックスセンプー51141,929,000
9キングシャープ78121,873,000
10ハマナカキング110121,601,000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«ばんえい競馬2016年12月18日7レースの出来事について(私見)