April 24, 2017

種雄馬成績(2016年度最終成績)

種雄馬成績(2016年度最終成績)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ159521160,755,000
2ニシキダイジン6097913,328,000
3キタノイチオク3576010,661,000
4ナリタビッグマン178289,906,000
5スミヨシセンショー427578,058,000
6カネサテンリュウ474578,023,000
7サンデーブライアン451447,212,000
8アキバオーショウ252367,194,000
9トウリュウ441435,861,000
10カネサブラック207315,509,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ニシキダイジン431539,736,000
2ウンカイ243425,792,000
3カネサブラック207315,509,000
4マックスセンプー69184,954,000
5キタノイチオク128193,986,000
6カネサテンリュウ204213,371,000
7トウリュウ230202,989,000
8ナリタボブサップ179192,897,000
9キングシャープ101152,464,000
10ハマナカキング148182,322,000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2017

イレネー記念出走馬にイレネーの子孫はどれぐらいいるの?

過日行われました第48回イレネー記念。1910年にフランスより導入されたペルシュロン種の種牡馬「イレネー号」がレース名の由来となっております。多くの種牡馬を輩出し、十勝のみならず日本における農用馬の改良に多大な功績を残した「ばん馬の父」。
では、今年のイレネー記念の出走馬で実際にイレネーの血が入っている馬がどれぐらいいるのか? ちょっと調べてみました。

○イレネーの血が入っていると断言できる

ホクショウムゲン
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200020
ジェイワン
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200654
ウンカイタイショウ
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200444
ミノルシャープ
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200325
ナカゼンガキタ
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200372

○イレネーの血が入っていると断言できない
ゴールドインパクト
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200395
センショウニシキ
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200989
カネサスペシャル
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%201051
ゴールデンフウジン
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%201052
キタノミサキ
 http://www.rg.liaj.jp/bj/b1_2.do?fn=search&ktno=22601%200807

リンク先は全て家畜改良データバンク(日本馬事協会)ですが、古い馬の血統はデータがほとんど存在しないため、上記の調査結果は当方の独自調査に基づく部分が多々あります。
「断言できない」という曖昧な表現しかできないのは、祖先馬の血統をイレネーが活躍した時代まで遡れなかったということです。悪しからずご了承ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 28, 2017

種雄馬成績(2016年12月29日終了時点)

種雄馬成績(2016年12月29日終了時点)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ114314532,189,000
2ニシキダイジン4346010,134,000
3カネサテンリュウ355526,956,000
4ナリタビッグマン122206,921,000
5キタノイチオク253436,664,000
6スミヨシセンショー310466,015,000
7サンデーブライアン335345,803,000
8アキバオーショウ187285,332,000
9カネサブラック145233,831,000
10トウリュウ321283,648,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ニシキダイジン307457,825,000
2ウンカイ174303,847,000
3カネサブラック143233,687,000
4カネサテンリュウ157182,742,000
5ナリタボブサップ140142,115,000
6トウリュウ170152,105,000
7キタノイチオク86151,976,000
8マックスセンプー51141,929,000
9キングシャープ78121,873,000
10ハマナカキング110121,601,000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2016

ばんえい競馬2016年12月18日7レースの出来事について(私見)

ばんえい競馬2016年12月18日7レースにおいて、4番ラッセルクイン号に騎乗していた鈴木恵介騎手が「騎乗法に適切を欠き(追い方に闘志を欠く)競馬の公正を害したため」騎乗停止となりました。
http://www.banei-keiba.or.jp/topics/20161218.html
この件について、ちょっと自分で考えたり識者にご意見をいただいたりしたので、備忘録的に書き残しておきます。

今回の制裁となった理由が「追い方に闘志を欠く」と、今までに見た記憶のないものでありました。そもそも「闘志があるかないか」なんて見た人の主観によって大きく左右されるわけですから。制裁の根拠として妥当なのかなあと思ったりもしたわけです。
で、改めてVTRを確認してみました。
http://keiba-lv-st.jp/#trackid=obihiro&racenumber=7&date=20161218&status=past

2分5秒を過ぎた辺り。ラッセルクイン号の脚色が鈍くなって今にも止まりそうになったところで鈴木騎手が手綱を引いて馬を停止させ、バイキをかけて再始動させた場面。この動作が「馬を故意に停止させた」と判断されたんじゃないかなあ、と思い至りました。
ばんえい競馬では第2障害降りてからゴールまでは騎手が故意に馬を停止させてはいけないことになっているそうです(ばんえい記念を除く)。なので、この一連の動作は「闘志を欠く」という表現はおかしいながらも、「不適切な騎乗法」と判断されてやむなしと思います。
実際のところ、ラッセルクインはかなり消耗していて、あれ以上は歩けないように見えたし、あのままだと前足の膝をついて転倒するかもしれないようにも見えました。馬の個性やクセを熟知している鈴木騎手が「転倒を避けるため」の扶助だったかもしれません。とはいえ、故意に馬を停止させてはならないというルールがある以上は、馬が停止してから手綱を引かなければいけなかったのでしょう。
実際、もし馬を転倒させちゃったら騎手がヤジられてしまうわけで(苦笑) 鈴木騎手にとっては不運だったかもしれませんし、2日間の騎乗停止という制裁はちょっと可哀想かなあとも思ったりします。

それはそれとして。今回の制裁理由となった「追い方に闘志を欠く」という表現。個人的にはどうしても違和感を感じてしまいます。「追い方に闘志を欠く」という理由で制裁を与えるということは

「馬の助けになりもしない、騎手が闘志を見せるため『だけの』扶助」を主催者側が助長することになりかねないよなあ

と。取り越し苦労的な余計なことを考えたりもするわけです。
ばんえいにおいて、馬の扶助として真っ先に思い浮かぶのは「べん打(手綱で馬の尻を叩くこと)」かと思います。ダイナミックなフォームのべん打は騎手が最も「絵になる」場面の1つですし。ただ、扶助の技法というのはべん打の他にもたくさんありますし、それは必ずしも「外側から見て分かりやすい」ものだけではない。
騎手は自分の持っている扶助の技法を駆使して馬をゴールまでいざなうわけですが。その際にどの扶助を用いるかは「その局面や馬の個性にあわせて最適なもの」が選択されるべきだと私は考えます。騎手が自分のやる気をアピールするために、その馬には効果の低い(あるいは逆効果)の扶助を選択するのは本末転倒ではないかと。もうちょっとハッキリ言えば「馬にとって意味のないべん打が増えるのは好ましくない」私は考えます。

「闘志を欠く」という言葉がどういう事を言わんとしているかは何となく推察できますけど。ただ、世間一般的な「闘志」という言葉の意味と「それがあるor欠ける」という表現からすれば、(少なくとも今回の件では)誤解を生むというデメリットの方が出ちゃっているのではないかと。この裁決理由、何とかならないでしょうかねえ?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 27, 2016

種雄馬成績(2016年9月26日終了時点)

種雄馬成績(2016年9月26日終了時点)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ6998020,831,000
2ニシキダイジン263395,708,000
3カネサテンリュウ231364,893,000
4スミヨシセンショー199294,147,000
5サンデーブライアン217233,944,000
6ナリタビッグマン78163,839,000
7アキバオーショウ125203,257,000
8キタノイチオク152223,182,000
9トウリュウ196212,608,000
10カネサブラック88182,599,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ニシキダイジン180294,295,000
2カネサブラック88182,599,000
3カネサテンリュウ102132,030,000
4ウンカイ103131,883,000
5キングシャープ53101,475,000
6ナリタボブサップ93101,444,000
7マックスセンプー33101,407,000
8トウリュウ10391,312,000
9アサヒセンショウ4571,003,000
10ハマナカキング686902,000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2016

種雄馬成績(2016年7月4日終了時点)

種雄馬成績(2016年7月4日終了時点)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ353409,589,000
2ニシキダイジン112203,026,000
3カネサテンリュウ106162,267,000
4スミヨシセンショー105142,055,000
5サンデーブライアン110111,682,000
6キタノイチオク68111,650,000
7アキバオーショウ6481,609,000
8カネサブラック31101,381,000
9タケノタイトル64101,304,000
10ハマナカキング68111,276,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ニシキダイジン73182,591,000
2カネサブラック31101,381,000
3カネサテンリュウ466998,000
4マックスセンプー196844,000
5ウンカイ465815,000
6ナリタボブサップ424618,000
7キングシャープ273556,000
8ハマナカキング344511,000
9トウリュウ483507,000
10アサヒセンショウ173445,000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2016

種雄馬成績(2015年度最終成績)

種雄馬成績(2015年度最終成績)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ153217647,255,500
2サンデーブライアン612769,807,000
3ナリタビッグマン350408,456,000
4アキバオーショウ353447,477,500
5ツルマキシンザン418596,215,000
6スミヨシセンショー496585,680,000
7マルニエーカン298355,041,000
8ホクショウファイト340444,927,500
9タケタカラ315364,743,000
10タケノタイトル319424,706,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ391365,517,500
2カネサテンリュウ249313,977,000
3ニシキダイジン332293,938,000
4カゲシュウホー47112,968,000
5トウリュウ163212,955,000
6タケノタイトル159212,768,000
7ナリタビッグマン169182,452,000
8ニシキロード126152,350,000
9サカノリキマル1882,095,000
10ハマナカキング99152,020,000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2015

種雄馬成績(2015年10月5日終了時点)

種雄馬成績(2015年10月5日終了時点)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ7799216,844,000
2サンデーブライアン326505,787,000
3マルニエーカン167273,420,000
4エビスカチドキ115173,168,000
5アキバオーショウ177223,124,000
6ツルマキシンザン228323,089,000
7スミヨシセンショー258282,319,000
8カネサテンリュウ123212,243,000
9ナリタビッグマン167142,124,000
10タケタカラ152172,038,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ192192,491,000
2カネサテンリュウ123212,243,000
3ニシキダイジン170151,877,000
4トウリュウ83131,525,000
5タケノタイトル83121,404,000
6ナリタビッグマン8291,127,000
7ニシキロード6281,083,000
8ハマナカキング478894,000
9マックスセンプー617803,000
10バレットドラゴン236802,000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2015

種雄馬成績(2014年度最終成績)

種雄馬成績(2014年度最終成績)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ148821831,665,500
2ダイヤキンショウ64710,007,000
3アキバオーショウ470568,713,500
4サンデーブライアン700777,569,000
5スミヨシセンショー579686,409,500
6ナリタビッグマン315306,138,000
7ツルマキシンザン558756,046,500
8マルニエーカン436514,894,000
9エビスカチドキ227274,683,000
10タケタカラ409314,337,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ6,208,00025041
2アキバオーショウ2,901,50012221
3スミヨシセンショー2,661,50025726
4ニシキロード2,150,00016520
5キタノイチオク1,919,00013718
6アサヒセンショウ1,577,00013716
7タワイサミ1,531,9994910
8ホクショウファイト1,417,00014014
9ナリタビッグマン1,117,0008211
10カツテンリュウ1,10,0008710

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2014

種雄馬成績(2014年10月6日終了時点)

種雄馬成績(2014年10月6日終了時点)

この種雄馬成績はあくまで単なる市井の競馬ファンである一個人が独自に集計したものです。集計ミス等の可能性があることをご承知おきください。

総合
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ6889611,668,000
2サンデーブライアン341514,518,000
3マルニエーカン244383,475,000
4ツルマキシンザン289423,124,000
5アキバオーショウ241283,071,000
6スミヨシセンショー287352,898,500
7ナリタビッグマン158192,553,000
8エビスカチドキ134182,177,000
9シンザンウィーク91131,412,000
10タケタカラ204121,354,000

2歳
順位種雄馬出走数勝利数受賞額
1ウンカイ123211,840,000
2スミヨシセンショー127131,192,500
3キタノイチオク71111,032,000
4ニシキロード7510894,000
5アサヒセンショウ596614,000
6アキバオーショウ477606,000
7ホクショウファイト636542,000
8サンデーブライアン516539,000
9コマローレンス666524,000
10ナリタビッグマン375488,000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«もしカネサブラックが平成初期に走っていたら、いくら稼いだのか?