« 10年 | Main | 今年の新馬 »

February 28, 2006

帯畜大4年阿部さん、ばん馬11万頭データベース化

帯畜大4年阿部さん、ばん馬11万頭データベース化 【帯広】帯広畜産大畜産科学科4年の阿部隼人さん(22)が卒業研究として、ばんえい競馬の競走馬のデータベースを作成した。過去約40年間の約11万頭のデータが入っており、最大で5代前まで血統をさかのぼることができる労作。サラブレッドには同様のデータベースがあるが、ばんえい競走馬を網羅したのは初めて。交配させる馬を探すのが容易になるため、生産に役立ちそうだ。  データベースには、一九六○年代後半以降に社団法人・日本馬事協会(東京)に登録された馬の品種、性別、体形、生産地、出走した全レースの成績、生涯獲得賞金、最大で五代前までの祖先の馬の名前が入っている。名前、品種などの条件で検索できる仕組みだ。  阿部さんは馬産地の胆振管内白老町出身。「将来は馬にかかわる仕事を」と、苫小牧高専情報工学科卒業後、帯畜大に編入。高専時代の情報工学の知識を生かして検索プログラムを組み、日本馬事協会などから入手したデータを入力して完成させた。  同協会は、データベースを同協会のホームページに掲載することを検討している。帯広市でばんえい競走馬を生産している三井宏悦さん(43)は「古い時代の馬についての知識がほとんどない若い農家には、特に便利なシステム。ぜひ使ってみたい」と期待する。  ばんえい競馬を運営する道市営競馬組合は「血統をたどると、晩成型のペルシュロン種、スピードがあるベルジャン種など、どの品種の血が濃いのか簡単に分かるので、馬主が生産者から馬を買う際に参考にしやすい」と話している。
げげげ。自分が2年以上かけて1万頭強のデータを独力で入力して,ようやく作り上げてきた苦労は何だったのorz


なーんて。ちょっとコンピュータに詳しい人で馬事協会のデータがあればあっという間に作れるのは理解してたし,「血統データベースちうものは本来,馬事協会が作らなきゃおかしいでしょ」と思っていたので。誰でも利用できるデータベースということで,公開が楽しみです。

でもまあ,とりあえず「日本初なのは俺様だもんね」と大口を叩いておきます(笑)

|

« 10年 | Main | 今年の新馬 »

ニュース転載」カテゴリの記事

Comments

はじめまして!
突然トラックバックを送信してしまってスイマセン。
僕のブログの中で貴サイトの重種馬名鑑を紹介させて頂きました。
時後報告になってしまって申し訳ありませんm(、、)m
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

追伸:サダエリコとマサモリが兄弟とは知りませんでした(^^;

Posted by: 水卓 | March 06, 2006 12:11 AM

いつも興味深く、楽しく拝見してます。ちょうど11万頭のデータベース云々NEWSを観たので、トラックバックさせていただきました。

世界に唯一の競馬である、ばんえい競馬発展の為、これからも頑張って下さい!

Posted by: NO GUTS,NO GLORY. | March 06, 2006 10:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 帯畜大4年阿部さん、ばん馬11万頭データベース化:

» ノーベルケイバ賞?!11万頭のデータベースを作った大学生! [NO GUTS,NO GLORY.06トゥインクル開幕まで、あと13日!3月19日開幕!]
北海道新聞に出てたNEWSでビックリしたのがコレ↓ 帯広畜産大畜産科学科4年の阿部隼人さん(22)が卒業研究として、ばんえい競馬の競走馬のデータベースを作成した。過去約40年間の約11万頭のデータが入っており、最大で5代前まで血統をさかのぼることができ....... [Read More]

Tracked on March 06, 2006 10:49 PM

« 10年 | Main | 今年の新馬 »