« 世界唯一であるが故に(その2) | Main | ニュース転載(2006.10.13) »

October 12, 2006

ニュース転載(2006.10.12)

ばんえい競馬 帯広市長は存続主張へ  2006/10/13 07:28

 【帯広】存廃問題をめぐる最終調整が続いているばんえい競馬について、旭川、北見、岩見沢の三市と北海道市営競馬組合を構成する帯広市の砂川敏文市長は十二日、旭川で十三日に開かれる四市長会議で、開催場所を二市に集約する案を軸に存続を主張する方針を固めた。十勝管内が主要なばん馬産地で、北海道遺産に指定された文化的側面を重視する声が強いことから、存続の可能性を追求していくことにした。

 ただ、残る三市が「二市開催」による存続に同意するかは不透明。三市の理解が得られなかった場合には、帯広単独開催の選択肢も残るが、経費負担が大きく、帯広市が決断する可能性は低いとみられている。

|

« 世界唯一であるが故に(その2) | Main | ニュース転載(2006.10.13) »

ニュース転載」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニュース転載(2006.10.12):

« 世界唯一であるが故に(その2) | Main | ニュース転載(2006.10.13) »