« ニュース転載(北海道新聞) | Main | 存廃論議に関する報道について »

October 23, 2006

ニュース転載(日刊スポーツ北海道)

日刊スポーツWeb版より転載


ばんえい競馬旭川と北見撤退、存廃先送り

神妙な面持ちで質問に答える旭川市の菅原市長

 売り上げ減に悩むばんえい競馬の存廃問題について、市営競馬組合を組織する旭川、帯広、岩見沢、北見の4市の市長が20日、旭川市内で協議した。現行での4市での開催は今年度で最後とされ、帯広と岩見沢の2市で存続する案が示されたが、最終判断は先送りされた。廃止の可能性を残したまま、引き続き話し合われる。

 管理者の菅原功一・旭川市長は会議後の会見で「4市での開催は平成18年度をもって終了とします」と説明。市営競馬組合はいったん解散、債務は4市が負担することも発表された。

 来年度以降は、冬季開催施設を持つ帯広と、別の1市で行えるかどうかについて検討された。旭川と北見は撤退の方針を示し、帯広と岩見沢の2市での開催案になった。しかし、岩見沢市の渡辺市長も「現段階では根拠のある形での収支が見込めず、共通の認識を持てない。有識者らと改革案をさらに精査する時間がほしい」と慎重な姿勢を示し、決定には至らなかった。

 ばんえい競馬は累積赤字が32億円で、今年度終了時には40億円に膨れ上がることが予想されている。今月7日に、有識者らで構成される「改革検討プロジェクトチーム」から収支均衡を図るための答申が出され、この日が市営競馬組合側が判断を下す日だった。

 農林水産省への競馬開催日数の申請は年内にも行わなければならず、各市も来年度の予算編成の時期に突入していく。厳しい状況の中で、決断が急がれる。

[2006年10月21日9時23分 紙面から]



ばんえい競馬「全廃」なら今季打ち切りも

 売り上げ減に悩むばんえい競馬の存廃問題について、市営競馬組合を組織する旭川、帯広、岩見沢、北見の4市の市長が20日、旭川市内で協議した。現行での4市での開催は今年度で最後とされ、帯広と岩見沢の2市で存続する案が示されたが、最終判断は先送りされた。廃止の可能性を残したまま、引き続き話し合われる。

 ばんえい競馬が廃止という判断が下された場合、今年度の開催もシーズン終了を待たずに打ち切られる可能性が出てきた。市営競馬組合の斉藤守助役(64)は「仮に全廃となった場合、帯広開催(12月2日~07年3月26日)は、組合員も解雇されているなど正常な開催ができない、という理由からシーズン途中での開催中止もやむを得ない状況になるでしょう」と厳しい見通しを示した。もちろん存続を祈っており「そのような事態(廃止)は絶対にあってはならないし、継続できることを心から信じています」と話した。

[2006年10月21日9時24分 紙面から]



ばんえい競馬服部調騎会会長「がっかり」

 売り上げ減に悩むばんえい競馬の存廃問題について、市営競馬組合を組織する旭川、帯広、岩見沢、北見の4市の市長が20日、旭川市内で協議した。現行での4市での開催は今年度で最後とされ、帯広と岩見沢の2市で存続する案が示されたが、最終判断は先送りされた。廃止の可能性を残したまま、引き続き話し合われる。

 ばんえい競馬調騎会の服部義幸会長(59)は、会場の旭川市役所を訪れ会談内容を聞いた。またも先送りという歯がゆい決断に「今日が約束のタイムリミット。いい結果を期待していましたが、正直がっかりです」と感想を漏らした。しかし「逆に言えばまだ議論の余地が残されているということ。道が閉ざされることは今は考えないようにしているし、存続に向けて今できることを全力で頑張っていくだけです」と300人以上もの厩舎関係者の思いを代弁していた。

[2006年10月21日9時24分 紙面から]


そういえば,最近の報道で現場(厩舎スタッフ)のコメントが聞けるのは珍しいような。先日ばんえい競馬情報局古林先生が指摘していた「畑違いの記者が偏った情報源のみを鵜呑みにして記事を書いているのではないか?」ということの現れでしょうか。

|

« ニュース転載(北海道新聞) | Main | 存廃論議に関する報道について »

ニュース転載」カテゴリの記事

存廃問題」カテゴリの記事

Comments

何というか一連の記事を読ませていただいて

色々と感想はあるのですが、現時点で結論が出てることと持ち越しになってることとが整理がつかないので感想も持ち越します。最悪の場合は今期途中の打ち切りもあると読めますが、もうそれも含めて受け入れる覚悟はしました。でも例え途中打ち切りの結論が出たとしても、最後にばんえい記念だけは(スケジュール繰り上げてでも)やってよと。

Posted by: 長谷美穂 | October 27, 2006 01:12 AM

個人的には「今年度は」最後までできると思ってます(根拠薄いけど)が,確かに打ち切りだとしても,ばんえい記念はやってもらわんといかんですね。
そうそう。北見記念はほぼ○で確定。今のところ日曜昼に北見着で記念観て月曜朝に離北予定,最後の瞬間には立ち会えず(泣)という感じです。

Posted by: みど | October 27, 2006 11:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニュース転載(日刊スポーツ北海道):

« ニュース転載(北海道新聞) | Main | 存廃論議に関する報道について »