« 2市開催はゴールなの? | Main | ニュース転載(北海道新聞) »

October 19, 2006

ニュース転載(十勝毎日新聞)

十勝毎日新聞Web版より転載


最低10億円の負担確定


一般財源、基金から返済へ
帯広市  厳しい財政直撃

 ばんえい競馬を開催する帯広、旭川、北見、岩見沢の4市長会議で、道市営競馬組合の解散、4市均等負担による清算が決まったことで、帯広市が最低でも約10億円の債務を負担する方向が確定した。債務の確定額、清算時期などの詳細は20日以降の協議となるが、厳しい財政運営を続ける市にとって巨額負担をどう処理するのか、難しい課題が現実となった。(小林祐己)

現組合の解散を決めた13日の4市長会議。各市10億円を超える債務負担が想定される(手前が砂川市長、奥右側から渡辺孝一岩見沢市長、神田孝次北見市長)
 同会議は13日開かれ、記者会見した旭川市の菅原功一市長は金額の言及は避けたが、「すべての債務を4市で均等に清算する」と明言した。

 同組合によると、現在確定できる債務は昨年度末までの累積赤字約31億円、残存リース料、職員退職費など10億円の約41億円。これに今年度赤字額が加わるため、最終的には50億円近い債務処理が必要とみられる。

 このほか組合解散に伴い見込まれるのが、関係者への補償金。他競馬の廃止事例を見ると、馬主や調教師、騎手らきゅう舎関係者、競馬場所有者から売店まで、幅広い関係者への補償が発生するケースも考えられる。

 競馬の完全廃止の場合だけでなく、関係者は「2場存続でも『いったん4市の組合を廃止』となると補償問題があり得る」と見る。補償金の有無、範囲などは20日の競馬の存廃判断後に4市で詰めることになるが、完全廃止の場合、債務は補償込みで80億円に上るとの関係者の試算もある。

 このため各市負担は10億-20億円前後が見込まれる。4市のうち、岩見沢市は競馬を特別会計として約16億円を積み立てているが、帯広市には競馬用の資金はない。負債を返還するための起債は認められないため、債務処理は一般財源や基金からの返済が想定される。

 一般会計に組み入れる場合、懸念されるのが他事業への影響。市関係者は「処理が来年度の場合、新規事業などが抑制される」と見る。市議会でも「市債発行がさらに増える」と市財政を不安視する意見が出ている。

 基金では、「財政調整基金」(決算年度末現在額約16億3252万円)は、緊急の除雪費用などに必要で大きな取り崩しは難しい。議会には大学設置のための「高等教育整備基金」(同29億9631万円)の借り入れを考える声もあるが、「借金を返すのに大学資金を使うのは」との慎重意見も多く、ある与党市議は「大学基金の利用は市長の政治生命を懸けた決断となる」と話す。

 いずれにしても借金返済に使われるのは「市民の血税」。市議会には「債務額は第三者の視点で厳しく精査すべきだ」との声があり、退職金や補償金の範囲などで、今後4市と組合、関係者の厳しい協議が予想される。

 砂川敏文市長は債務処理について「まだ具体的には分からない。今後検討していかねば」と話している。



市長「2市存続」に意欲


議会側は収支を不安視

 来年度以降のばんえい競馬の存廃問題で、帯広市の砂川敏文市長は16日、市議会全員協議会で、岩見沢市との2市開催による競馬存続の可能性を追求する姿勢を改めて示した。議会側には2市開催の収支を不安視する意見もあり、詳しい経営見通しや最終的な債務額など一層の情報公開を市に求める声が出た。(小林祐己)

 同日午後3時45分から市役所で開催。砂川市長が存続への意欲を示し、13日の4市長会議で決めた現組合解散と負債清算の方針などを説明した。

 砂川市長は存続に必要な条件として、(1)開催体制の確保(2)競馬場など使用料の減額-を挙げた上で、地域経済への影響や馬産振興、道遺産としての文化継承などの理由から帯広市として存続を目指す考えを述べた。

 さらに道央、道東のファン確保の観点から「帯広・岩見沢」開催が望ましいとし、1市開催は売り上げ減から困難との考えを示した。組合解散と債務清算に関しては、「多額の税金を投入せざるを得ない責任は重く受け止める」と話した。

 議員は全32人が出席。競馬場使用料減額についての同場所有者の十勝農協連との交渉の状況や継続後の収支見通しなどが質問された。「何とか残したい気持ちはある」など存続追求に理解を示す一方、「地方競馬はどこも赤字」「全く別の方法を考えないとできない」など収支を不安視する見方も示された。

 現組合の清算に伴う市の負担に関しては、補償金の有無を含む具体的な金額や財源について質問が出たが、市側は明確な額,方針を示さなかった。

 協議会を終えた砂川市長は「2市開催の可能性を追求する考えに変わりはない」と存続を目指す姿勢を強調。鈴木孝昌議長は「2市開催には賛否両論がある。自分たちが判断するにはまだ情報が足りない」と述べた。

|

« 2市開催はゴールなの? | Main | ニュース転載(北海道新聞) »

ニュース転載」カテゴリの記事

存廃問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニュース転載(十勝毎日新聞):

« 2市開催はゴールなの? | Main | ニュース転載(北海道新聞) »