« 好調、ばんえい競馬 依然厳しい経営も、売り上げ目標上回る | Main | ペガサスプリティー »

September 19, 2007

夜間ばんえい好調 日中比5・5%増 ネット馬券後押し(北海道新聞)

夜間ばんえい好調 日中比5・5%増 ネット馬券後押し


 【帯広】本年度から帯広市が帯広競馬場で単独開催しているばんえい競馬で、六月から始まった初のナイトレースが十七日閉幕した。計四十二日間の馬券販売総額は三十六億三千百八十一万円で、一日平均では八千六百四十七万円と、本年度の日中開催(二十四日間)の八千百九十八万円を5・5%上回った。
 中でもインターネットによる販売が好調で、ナイターの一日平均は、日中開催に比べ33・2%増の千六百十九万円となった。帯広市は「ナイター開催をしている競馬場は少なく、ほかの競馬場のレース終了後にファンがネットで購入した」とみている。
 また、馬インフルエンザ感染拡大の影響で、中央競馬が中止になった八月十九日には、期間中最高の一億四千五十九万円の売り上げを達成した。
 ナイターの総入場者数は七万九千三百十四人、一日平均は千八百八十八人で、大型連休を含む日中開催を同7・5%下回った。
 ナイターは日中開催より三時間半遅い、午後二時半-午後九時ごろに開催。帯広市は今年、コースに「光の森」をイメージしたカラフルな電飾や、場内にビアガーデンを設置するなど集客に取り組んできた。

先日転載した記事は「予算対比でプラス」という記事で,今回の道新の記事は「日中開催比でプラス」。実際の売り上げ目標がわからんので「ナイター開催の成否」については判断できませんが,一応好意的な論評の記事が「道新様」に掲載されたということは素直に評価したいと思います。
売上増の要因としてネット販売,特に「他場のレース終了後にファンが購入」という分析が為されておりますが。だとしたら,これから考えるべきは「今回初めてばんえい競馬の馬券を買ってくれた平地競走がメインの競馬ファンをどうやってリピーターとして繋ぎ止めるか」という事じゃないかと思うわけで。Web等での情報発信の強化が必要なんでしょうかね。

|

« 好調、ばんえい競馬 依然厳しい経営も、売り上げ目標上回る | Main | ペガサスプリティー »

ニュース転載」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夜間ばんえい好調 日中比5・5%増 ネット馬券後押し(北海道新聞):

« 好調、ばんえい競馬 依然厳しい経営も、売り上げ目標上回る | Main | ペガサスプリティー »