« 種雄馬成績(2009年3月2日終了時点) | Main | ニュース転載 2億円狙うなら「ばんえい競馬」、五重単・持ち越し導入へ »

March 27, 2009

ばんえい記念(展望)

いよいよやってまいりました。ばんえい競馬の最高峰,農林水産大臣賞典ばんえい記念。

とりあえず私見ですが。「800Kgの競馬と900Kgの競馬が別次元」であるのと同様というかそれ以上に「900Kgの競馬と1000Kgの競馬は別次元」だと個人的には考えています。ここのところサカノタイソンにスーパーペガサスと「800Kgでも1000Kgでもウェルカム」な化け物(笑)が続けてばんえい記念を連覇しているので勘違いしちゃいがちなのですが,そんな馬は滅多に現れるもんじゃないと思います。普段の特別戦で苦戦をしている「重賞専用」のパワー特化型がその怪力を見せつけるのが大臣賞だと。

ということで,出走馬のうちでパワー特化型といわれている有力馬はトモエパワー,スーパークリントンの2頭。
1月2日の帯広記念を見た時点では「ばんえい記念はトモエパワー本命(対抗スーパークリントン)で大丈夫と確信しました。」なんてことを書いちゃったのですが。
・馬場は昨年(0.6%)より軽くなりそう
・チャンピオンカップで見せたスーパークリントンのレースっぷりが想像以上に良かった
・フクイチ(2度目)以降続いているばんえい記念の勝ち馬は任期2年(再選あり)の法則
・フクイチ,シマヅショウリキ,サカノタイソン,スーパーペガサス,トモエパワーと続いている「ばんえい記念初制覇は7歳時」の法則
ということで,逆転の可能性はかなり高いんじゃないかという気がしてきました(苦笑)

今季未勝利のトモエパワーですが,別に年齢による力の衰えはないとみています。血統的にも大丈夫でしょう。確かに帯広記念では5着と,いまいち期待外れだったわけですが,レース内容的にはそれほど悪くないと思います。大一番で力は出せるでしょう。
そしてスーパークリントンですが,チャンピオンカップで見せた先行策が個人的には好感を持っています。恐らく道中ペースを作るであろうトモエパワーをマークできれば障害で逆転できるチャンスは充分あり。

レース的には両馬の一騎打ちと見ます。

その他,重賞勝ち組を見ていきますと。
昨年2着のミサイルテンリュウですが,今季の重賞レースをみているといずれも最後バテバテで,こちらは年齢による力の衰えがきているんじゃないかという気がします。とはいえメンバー中随一の障害巧者,それなりのレースにはなるでしょうが,2強に割って入るのは厳しいか。
同じく昨年3着のスターエンジェルも,昨年以上の上積みは期待できなさそう。
昨年は2番人気に推されながら6着に敗れたナリタボブサップ。この馬,障害を一腰で越えたときは強いけど,一腰で上がらなかったら脆いというのが最近レースを見ていての印象です。気性的な問題なのですかね? ということでばんえい記念向きじゃないのかな,と。
ばんえい記念初挑戦となるカネサブラック。障害でのヒザ折り癖がある馬なので,うーん。こちらもばんえい記念向きではないような気がします。
……ということで,ニシキダイジンが一番面白そう。惜しくも2着に負けたとはいえ帯広記念のレースっぷりは見事でしたし,忘れちゃいけないグランプリホース。何故かいいレースをしても全然人気にならない不思議な馬ですが,ここでいいパフォーマンスを見せてスターホースの仲間入りを。

残りの重賞未勝利組はといいますと。
ヨコハマイサム,タケノホウシュウの2度目の挑戦組は重賞勝ち組を1頭でも抜くような結果を期待したいです。
あとは初挑戦となるイケダガッツ。イケダガッツといえば「第1障害を離れた最後尾で降りた後に淡々と歩いて第2障害下ではいつの間にか早め到達」なわけですが。その「淡々と」を1トン競馬でやれるかに興味があります。これで本当に第2障害下に先頭で到達したとしたらまさに化け物でしょうね。

レースの展開ですが。平地での牽引力を考えると第1障害~第2障害はトモエパワーがペースを作ることになると思います。終いの確実さもトモエパワーに分があると考えると,「トモエパワーに勝つ」ためにはトモエよりも先に障害を降りるのが必須。
となると,第2障害をトモエよりも先に仕掛けたいと考えるのが普通ですが,障害の仕掛けを焦ると直線バテますし,トモエパワーも決して障害巧者というわけでもないので,トモエパワーが仕掛けるのを待ってから……という乗り方もアリだと思います。
道中~第2障害での各馬の位置取りや騎手の仕掛けのタイミング。駆け引きが非常に楽しみです。

◎スーパークリントン
○トモエパワー
注ニシキダイジン

|

« 種雄馬成績(2009年3月2日終了時点) | Main | ニュース転載 2億円狙うなら「ばんえい競馬」、五重単・持ち越し導入へ »

重賞」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ばんえい記念(展望):

« 種雄馬成績(2009年3月2日終了時点) | Main | ニュース転載 2億円狙うなら「ばんえい競馬」、五重単・持ち越し導入へ »