« 種雄馬成績(2023年9月25日終了時点) | Main | 競走馬の血統情報を遡及的にデータ化してみる »

January 02, 2024

2021年生まれのばん馬の血統を概観してみる

ばん馬の血統は寡占化が進んでいる、というのはよく言われることですが。じゃあ、今のばん馬はどれぐらいの近親交配があるのでしょう?
ということで、差し当たり2021年生まれの明け3歳馬の賞金上位20頭(2023年12月30日時点)について、5代までに生じたクロスと近交係数を調べてみました。

近交係数については、過去4代(5代血統表)の簡易集計(手作業)なので、正確な値よりも若干小さめの数字になっている可能性が高いです。あくまで参考値ということで。

01_20240102185301

02_20240102185301

なお、昨年/一昨年にも同じことをやっておりますので、あわせてご笑覧いただければ幸いです。
2020年生まれのばん馬の血統を概観してみる
http://riki-midori.cocolog-nifty.com/blog/2023/01/post-b8e48b.html

2019年生まれのばん馬の血統を概観してみる
http://riki-midori.cocolog-nifty.com/blog/2022/01/post-ac8ae0.html


しかし、3年間同じことをやっておいてこういう感想もアレなのですが。「上位20頭」をみても、正直「よう分からん」という感じですね(汗)

登録全馬の近交係数を調べて、能力検査の合否や受賞額と並べてみる+経年の変化を追ってみると、いろいろと見えてくるのかもしれません。
近交係数の計算に手間がかかる部分が多いので、今まで着手できなかった課題なのですが。……やってみるかなあ。

|

« 種雄馬成績(2023年9月25日終了時点) | Main | 競走馬の血統情報を遡及的にデータ化してみる »

血統マニア」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 種雄馬成績(2023年9月25日終了時点) | Main | 競走馬の血統情報を遡及的にデータ化してみる »